杉口加奈公式webサイト

杉口カナ公式webサイト

バブリーに夢を叶えるための条件はコレ!!

妥協するなら結婚するな!無敵の婚活女ヴィーナス 著者 杉口加奈

 

日常にチャンスはいくらでも溢れている。

 

今日、ツイッターにも

「何にも予定がない日こそ、とびっきりの私に仕上げる。だって、チャンスって準備してないところに来ないもの!」って書いたのだけど、

 

 

いやぁ、本当にそうなのよね!!

 

 

 

チャンスに気づける人、気づけない人の差は、

そこを意識していたかだけの差なんですよ。

 

 

膨大で情報過多な世の中、

求めていたもの達に

目がつく、
声が耳に残るって、

 

意識しているからこそ、
脳がその情報を拾い集めてくれるのね。

 

 

 

 

恋愛休止期間が長かったりすると、
出会いがない状態が「いつも」のことだったりするけれど、

 

これも意識を変えるだけで、
腐るほどある出会いに気づくことが出来るの。

 

 

どんな人間関係においても、
嫌いな人や苦手な人のことを
好きになることも出来るのだ。

 

 

それは、意識の差。

 

 

私も昔ね、
とてつもなく嫌いで合わない人が社内にいたのだけれど、

意識と視点を変えたら、

結果、仲良くなったんだよねw

 

 

私、嫌いな人には、

「私、あなたのことがキライだから、じゃっ!」ってはっきり言うタイプだったのだけれどw

今は、キライな人がいない(^_−)

 

 

 

恋愛モードや、
ラブラブモードになる夢の叶え方も

 

潜在意識をうまく活用し、上書きしていけば、
なんだって、出来るし、夢を叶えることができる。

 

 

恋愛の最初の段階の「出会い」なんて、
ゴロゴロと転がっているのに、

 

 

「出会いない」
「いい人いない」
「私が素敵な恋愛できるイメージがない」って

 

心のどこかしらで、ほんの少しでも思っているのなら、

 

残念ながら、それが叶ってしまうのね。

 

 

ほら、ほら、ほらーーー!!!

 

 

準備しなきゃだよ!!!

 

 

 

準備をするのには、

宇宙に分かりやすくサインをしなければいけなくてね、

 

 

それって、

覚悟を決めた行動なの。

 

 

 

エネルギッシュな波動は、

強力なパワーがあってね、

現実の変化のスピードを加速させるのに、

一番早いのは、その高い波動になること、馴染むこと。

 

 

 

意識も周波数を放っていて、

意識を変えることなんです。

 

 

 

女性は花だから、「待つ」のなんて、訳わからないわ。

 

 

 

腐った萎みかけの汚花に寄って来るのなんて、ハエ男よ!

 

 

外見は美人で美しくても意識や思いが低ければ、そのエネルギーは汚花なんですよ!!

 

 

 

出会いが欲しいなら、
チンケなプライドなんか捨てちゃって、

 

「私は、こういう男性と出会いたいんだ」

「私は、最高なパートナーと家庭を作りたいんだ」

「私は今年、ウェディングドレスを着るんだ」などと

 

 

周囲に婚活してますので、
よろしく〜って明るく言えたり(準備です)

 

より可愛く美しくなり、
自分をもっと好きになったりして(準備です)

 

 

いざ、運命の王子様や、
ソウルメイトに出会ったときに波動が釣り合う準備をしなくては、いけません!!!

 

 

出会いの宝庫である地球に立っているのだから、
美しく輝く人生を送る秘訣は、
なんだって、準備をしているかどうかなんだよ!!!

 

 

また、結婚相談所でメンズを紹介をされ、
出会いに恵まれていても、
なかなかヒットしなかったり、
次に進まなかったり、
停滞しているのは、

 

次に進む準備が出来ていない、
自分は出来ないと潜在意識レベルで思っているからなんだよね。
(自信がない状態なので、自分のことを好きではないですね)

 

 

欲しい未来があるのなら、
そのための準備をするのは、当然のことなんです!!!
眉間にシワを寄せずに、明るく笑って、スイスイ〜ってね♡♡♡

 

 

▶︎公式LINE@
▶︎公式メルマガ
▶︎無料メール講座
▶︎Instagram

 

 

人生レベルでステージが変わり、
エネルギーと宇宙を味方につけ、
恋愛術を学び、婚活を制する場所は
唯一ここだけ

「愛と富と美」を手に入れる
エネルギーレベルが高い「女神」が集う
エグゼクティブ婚を叶える♡
ヴィーナス婚活塾

2週間で3人に1人が
理想メンズから
プロポーズされている

応募は、日本全国、
海外からも殺到

入塾倍率は、宝塚並みで、
ごめんあそばせ~♡
こんな私だから、うまくいく

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)